2007年6月14日に元気な女の子を出産しました。Bluebellと言うお部屋で生まれたので「Bluebell」と呼んで下さい。そして2010年4月4日に次女ピーチを出産しました。そしてそして2011年9月2日に第3子出産予定。


by akkoyo78

やっぱり

6月6日(水)

妊娠初期の頃に一応と思って子宮頸がん検診を受けて、陽性反応 が出ていたのでその後も経過観察をしていた。
2月の検査では陰性になっていたので、少し安心していた。
でもやっぱり急に心配になり、念のためと思い出産前に先日もう一度検査をしていた。
前回陰性の時は結果がすぐに送られてきたのだけど、今回は2週間経っても送られてこないから、もしかしてまた陽性になったかなあと思っていた。
で、結果が昨日郵送されてきた。

開封してみると
mild squamous cell dyskaryosis
と。日本語で軽度異形成細胞
クラス分類はⅢaということ。やっぱり陽性か。

でも一番最初の結果よりは悪くなっていなかったし、Ⅲaならまた陰性になる可能性のある細胞なので、それほどショックは受けなかった。ちょっとはブルーになったけど・・・。
やっぱり検査しておいてよかったと思った。
きっと赤ちゃんが産まれたら、自分のことは後回しになると思うので、ず~~と検査をしなかっただろうから。

で、今後のことを一応考えておかなくてはならない。
先生からのコメントで、「産後コルポスコープ検査を受けてください」と書かれていた。
コルポスコープというのは、子宮の入り口を拡大して見るための装置のこと。
でもこの検査は、今まで診てもらっている日系の病院では実施できないらしい。
NHSで検査をしてもらわないとみたい。結果によっては手術が必要かもしれない。

出産後だったらイギリスで手術をしてもいいかなと思ってはいるけれど、
イギリスの婦人科事情はどんなものなのだろうか。
こういうのはやっぱりプライベートに行った方がいいのかな。
近くにいいプライベート病院があればいいのだけど。
ポコちゃんが生まれてから遠くの病院に通うのは無理だと思うから。
とりあえず、出産で入院したときにどうしたらいいか聞いてみようかな。



とんかつ定食です。
e0098089_653815.jpg

やっぱりこういうときは喝!を入れなくては(^^;)副菜に人参のきんぴら。
とんかつは勢いで8枚も作ってしまいました。
もちろん今日全部食べるわけではありません。残りは冷凍庫へ。しばらくは食糧に困らないかな。
[PR]
by akkoyo78 | 2007-06-07 03:23 | 子宮頸部異形成