2007年6月14日に元気な女の子を出産しました。Bluebellと言うお部屋で生まれたので「Bluebell」と呼んで下さい。そして2010年4月4日に次女ピーチを出産しました。そしてそして2011年9月2日に第3子出産予定。


by akkoyo78

カテゴリ:子宮頸部異形成( 4 )

やっぱり

6月6日(水)

妊娠初期の頃に一応と思って子宮頸がん検診を受けて、陽性反応 が出ていたのでその後も経過観察をしていた。
2月の検査では陰性になっていたので、少し安心していた。
でもやっぱり急に心配になり、念のためと思い出産前に先日もう一度検査をしていた。
前回陰性の時は結果がすぐに送られてきたのだけど、今回は2週間経っても送られてこないから、もしかしてまた陽性になったかなあと思っていた。
で、結果が昨日郵送されてきた。

開封してみると
mild squamous cell dyskaryosis
と。日本語で軽度異形成細胞
クラス分類はⅢaということ。やっぱり陽性か。

でも一番最初の結果よりは悪くなっていなかったし、Ⅲaならまた陰性になる可能性のある細胞なので、それほどショックは受けなかった。ちょっとはブルーになったけど・・・。
やっぱり検査しておいてよかったと思った。
きっと赤ちゃんが産まれたら、自分のことは後回しになると思うので、ず~~と検査をしなかっただろうから。

で、今後のことを一応考えておかなくてはならない。
先生からのコメントで、「産後コルポスコープ検査を受けてください」と書かれていた。
コルポスコープというのは、子宮の入り口を拡大して見るための装置のこと。
でもこの検査は、今まで診てもらっている日系の病院では実施できないらしい。
NHSで検査をしてもらわないとみたい。結果によっては手術が必要かもしれない。

出産後だったらイギリスで手術をしてもいいかなと思ってはいるけれど、
イギリスの婦人科事情はどんなものなのだろうか。
こういうのはやっぱりプライベートに行った方がいいのかな。
近くにいいプライベート病院があればいいのだけど。
ポコちゃんが生まれてから遠くの病院に通うのは無理だと思うから。
とりあえず、出産で入院したときにどうしたらいいか聞いてみようかな。

今日の夕ご飯
[PR]
by akkoyo78 | 2007-06-07 03:23 | 子宮頸部異形成

奇跡か?!

今週の月曜日に検査した結果が今日届いていた。
「検査の結果が早く届く=結果が悪いから至急再検査」と考えてしまう私。
怖くてしばらく開封できなった。
でもやっぱり結果が気になるので、恐る恐る開けてみると、
そこには”negative”と書かれていた。

???

担当の先生からの日本語のコメントによると、
「陰性」とのこと。
えっ!よくなったの?
なんだか信じられなかった。

細胞の採取箇所によって検査結果に違いが生じるのかもしれないけれど、
少なくとも悪性細胞が広がっていないということだと思う。
最初の検査でⅢ-bだったので、これからも経過観察は必要なようだけど、
とりあえず出産後でよさそう。
本当によかった~~。
ほっとして泣けてきた。
ぽこちゃんが守ってくれたのね。ありがとう。
病は気からなのかもしれない。

いろいろ心配してくださった方本当にありがとうございました。
まだ油断は出来ないかもしれませんが、とりあえず出産に集中できそうです。

昨日今日の夕ご飯
[PR]
by akkoyo78 | 2007-02-15 06:56 | 子宮頸部異形成

経過観察

今日は日系のクリニックまで子宮頸部異形成の経過観察に行ってきた。
一応日本での検査の結果で今すぐ手術をする必要はないけれど、
1ヶ月に1回は細胞診をして経過観察をした方はいいということになったのだ。

今日は再び細胞診をしたが、やっぱり検査というのは何度受けても嫌なものだなあ。
今回は検査だけなので結果はわからないけれど、
また2週間後くらいに結果が届くと思うと気が重い。

今回先生に1ヶ月に1回も経過観察をする必要があるのかどうか確認した所、
その方が安心だからした方がいいということだ。
私としては毎月子宮ガン検診をするというのは結構ストレスになるので、
できればもう少し間隔をあけて欲しかったのだけど。
もし結果次第で病院で何か対処ができるならば、おとなしく先生の言うとおりにするのだけれど、
結局はイギリスにいる限り、妊娠中は何も対処することができない。
それならば今は出産に集中したいと思うのだけれど。

先生としては最悪の場合を想定してお話されているのはわかる。
こういのは早期発見が大事なのもわかる。
でも日本に帰るしか選択肢がない。今になって日本での出産は考えられないなあ。
私としてはやっぱり家族は一緒にいることが大事だと思うから、
大切な家族が誕生してくるときに、離れて暮らすというのは考えられない。
よほど病気が進行していたら考え直さないといけないとかもだけど。
自分で調べる限り、そんなに早く進行するものではないらしいのだけど、
こういうときセカンドオピニオンでいろんな先生の意見を聞けたらと思う。
どちらにしても最後は自分で考えなくちゃいけないのだけどね。
病院に行く度になんとも憂鬱な気分になるので、出産が終わるまでは行きたくないなあ。
でもやっぱりもう少し病気のことを真剣に考えなくちゃいけないのだろうか。
いろんなことを考えすぎて、珍しく今日は眠れなかった。
検診の後気分転換にロンドンの街を歩きまわって疲れているはずなのに。
こういうとき海外に暮らしていることのもどかしさを感じる。

まあ今は考えてもどうしようもないので、結果が届くまでは楽しく過ごしたいものだ。
[PR]
by akkoyo78 | 2007-02-12 04:53 | 子宮頸部異形成

予想外の結果で・・・。

ちょっとまじめな話。
先生から聞いた話を自分の中で整理するために書きます。

まず何の話かの経過を書くと、
2週間前の妊娠の検診のときに、先生にも勧められたので、念のためと思って子宮頸がん検診を受けていた。
そんなのを受けていたのを忘れかけていた昨日(火曜日)に検査結果が郵送されてきた。
朝出かける前に届いたので、どうせ「異常なし」とか書いてあるんだろうなあと
軽い気持ちで開けると、何か知らない言葉が書いてある。
一瞬よくわからなかった。
そこには「子宮頸部中等度異形成 Ⅲbに相当」と書かれていた。
?????
すごく気になったので、すぐに出なくてはいけない時間だったのに、
5分だけネットで調べてみた。
さすがに5分だけだと詳しく調べることができず、そんなに深刻なことが書いていない所だけ見たため、あまり深く考えないで出かける。

帰宅後もう少し詳しく調べてみると、もしかして手術必要?私のはちょっと進んでいる段階?
調べれば調べるほど不安な気持ちが大きくなってきた。
「赤ちゃんは大丈夫なの???」ただそれだけが心配だった。
今はどうすることも出来ないので、とりあえず明日の朝一番に病院に電話して、
詳しく説明を聞こう。私の担当医は水曜日と隔週の土曜日だけしか診察していないのだが、
幸いにも次の日は水曜日だった。

今日の朝一番に電話して、直接説明を聞くために診察の予約を取った。
当日だったけど無事に予約が取れてよかった。こういうのは先延ばしにしたくないからね。
お昼ごろ出かける。
これまた幸いなことに、ここの病院は主人の会社から歩いて5分くらいな所。
主人も仕事を抜けて、一緒に説明を聞いてくれた。
このことは本当に助かった。

子宮頸部異形成とは・・・
[PR]
by akkoyo78 | 2006-11-29 06:24 | 子宮頸部異形成