2007年6月14日に元気な女の子を出産しました。Bluebellと言うお部屋で生まれたので「Bluebell」と呼んで下さい。そして2010年4月4日に次女ピーチを出産しました。そしてそして2011年9月2日に第3子出産予定。


by akkoyo78

Antenatal Class 1回目

今日は第1回目のAntenatal Classの日。日本語で言うと母親学級、両親学級のようなもの。毎回10時から12時の2時間の全5回。
1回目でどんなことをするのかもわからず、大事なことを聞き逃してしまうかもしれないので主人に午前半休を取ってもらい、一緒について来てもらうことにした。

会場は地域の保健所のような場所。出産病院とは異なるのだ。
開催される部屋に入ると、すでに20人くらいの人たちが集まっていた。
えっ?こんなにたくさにいるの?
3分の1くらいの人が旦那さんも一緒に来ていたのでよかった。家だけだったらどうしようと思っていたから。
私達の後からも数人入って来たので、全員で何人だろう。少なくとも妊婦さんだけで20人はいる。
こんなにも同じ地域に妊婦さんがいるとは思わなかった。
でもこの中で私と同じ病院で出産する人は3、4人。大多数の人はもう1つの病院で出産されるようだ。

さて、今日の講義の内容は妊婦生活での注意事項のようなこと。
その前に全員名前と出産予定日、住んでいる場所など簡単に自己紹介。
人数が多すぎるし、英語が早すぎでほとんど覚えられなかった。

自己紹介の後はmidwifeさんのお話。midwiseさんは一人だけ。
大体の内容は以下の通り。
・腰痛にならないために普段から姿勢に気をつけること。特に何か荷物を持ち上げるときはひざをついてからゆっくり持ち上げる。
・車の運転するときはハンドルと座席の間に余裕を持たせる。
・寝るときの姿勢。枕をひざに挟んで横向きに寝る。一人の妊婦さんが実演してくれた。
・リラックスをする時間を作ること。
・出産のときの呼吸の仕方がとても大切。このことは何度も繰り返し話していた。この呼吸の仕方で陣痛の痛みが少し和らぐらしい。ゆっくり深く鼻で呼吸するとのこと。腹式呼吸が大切と本で読んだことがあるが、このことを言っているのであろう。そして、出産直前(?)になったら八ッ八ッ八ッという短い呼吸呼吸で、Push!と言われたらいきむとのこと。

などなど。

視覚的な情報がなく、ほとんど口頭での説明だったため大部分想像で聞いていた。
まあ今まで本で読んだ内容がほとんどだった。
主人は出産用語を覚えていなかったため、よくわからず途中半分寝ていたような感じだった。
まあそれでもいてくれた方が心強いけど、「来週は俺居なくてもいいだろ?」と言われてしまった。確かに今日の内容だったら仕事で半休とってもらってまで参加してもらわなくてもいいかもなあとは思ったけど。
全5回の講義であと4回あるのだけど、これから先が沐浴の仕方、オムツの変え方、出産時の痛み逃しの方法など主人も関わることを学ぶのではないかと思うのだけど、
何しろ今後のスケジュール表というのがないので、なんともわからない。
場所によって講義内容は違うらしいから。

ちょっと人数が多すぎて友達になれそうな雰囲気ではなかったけど、
一人でも友達になれる人ができるといいな。
そう、旦那さんが日本人のカップルが一組いたのだ。奥さんはたぶん東欧、ロシアあたりの人かなあという雰囲気だった。
話しかけたかったが、席が遠く今日は早く帰らなくてはならなかったので話せなかったが、次回機会があれば話しかけてみたいものだ。しかもその人は出産病院が同じだったのだ。

来週まではもう少し英語の勉強をせねばと思ったのでした。
[PR]
by akkoyo78 | 2007-04-18 06:46 | 妊娠8ヶ月